• Home You are currently viewing the category: 未分類

その他のチェックポイント

立地公認会計士の講座選びのチェックポイントとして立地について調べておきましょう。通いやすいところにある方が良いです。特に社会人の場合は、会社からも通いやすい場所にあることが重要でしょう。普段は通信講座を利用するにしても、通学がしやすいことは重要です。通学することによって、情報交換をすることや、試験を受けることもできるからです。

学費についてはしっかりと調べておきましょう。どのくらいの費用がかかるのかは学校によってかなり異なっています。場合によっては年間に数十万円も差があることもあります。もちろん学費が安いに越したことはないのですが、それだけを重視するべきではありません。質の高い教育を受けられることを最優先しましょう。社会人の場合は学費を支払うだけの余裕のある方が多いため、多少の出費は覚悟しておくべきです。

講師の質についても調べておきましょう。実際に公認会計士の資格を持っている方に教えてもらうのがベストです。試験に合格していない人が講師をしていたとしても、あまり説得力がないでしょう。また、その講座の歴史についても調べておきましょう。長く続いているならば、これまでにノウハウが蓄積しているため、信頼できるでしょう。


通信講座への対応

公認会計士の講座の中には通信講座を用意しているケースがあります。通信講座は社会人として受講している方にとってはとてもありがたいものです。通学するのが困難だというケースは多いでしょう。近所に学校がない方や、会社から自宅までの行程に学校がないという方もいるでしょう。そのような場合は自宅で落ち着いて受講することができる通信講座は役に立つでしょう。

DVD通信講座のタイプとしてはWEBで利用できるものDVDが送られてくるタイプの2種類があります。WEBならば通学の場合と同じ内容の講義を自宅で視聴することができます。そのため通学しているのとあまり変わりがないでしょう。大原学園の通信講座を例にしてみます。大原学園では教室での授業の実施とほとんど同じ時期に講義視聴がきでるようです。こうなってくると通学者と条件は変わりませんね。

教室での実施とほぼ同じ時期に講義を視聴することができますので、条件は教室通学と一緒。教室通学で学習されている方と全く差がなく、学習が進められます。

シンプルな操作で通信講座を受講できる学校が多いです。また、DVDについては何度も気軽に見直すことができるのが特徴となっています。たとえ通信講座でも通学をするのと同じような効果を期待できるところが多いです。通信講座に力を入れている学校であれば、通信講座だけでも合格を目指すことができるでしょう。平日は通信講座を利用して休日だけ通学をするという方法も可能です。さまざまなスタイルで利用することができる講座を選びましょう。通信講座も上手く活用することで効率よく勉強できるでしょう。